2009年11月20日 (金)

土づくり

Photo
 収穫も終了し土づくりの季節がやってきました。岩手の土づくりの本から借用します。
稲も麦も人も適期が過ぎてから肥料をやってもききめがないたとえです。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

フランシスコザビエル

Photo
 やっと税金から開放された。娘も志望校に合格できました。神様と皆様のおかげです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

数学入門

Photo
 先日、「フェルマーの最終定理」という本を本屋で立ち読み 小川洋子さんの「博士が愛した数式」も読みました。学校の数学もよくわからないけど、なんか興味をそそられ買っちゃいました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

息子の本

Photo_102
 茶の間に無造作に置いてあった息子の本
私もいろんな本買うけど息子の本も特殊な本。読んでも意味わからない。
まるで英語の本読んでいるようだ。
ただ内容は、殺すとかイジメだとか日常では禁句の文字が書いてある。
学園ミステリー小説なのだろう。
大人の作家 萩原浩さん(昭和31年生まれ)が回想して書いているのだがイジメや学校の問題はこのごろ騒いでいるけど過去からの人間の本能なのではないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

うだつをあげよう

Photo_97
うだつ? 建物の妻にある梁の上に立て棟木を受ける短い束(つか)という意味 うだつがあがらないと生活がよくならない。宮城県の歌津(うだつ)かと思いました。
 金もないのにまた本買っちゃいました。
一生うだつがあがらない。
若い時は徹夜しても仕事しましたけど、今は無理できない。
コンビ二で立ち読みしようと思った本ですけど、疲れるので買ってきて読みました。
「金を残すは下の下、事業を残すのは中の中、人を残すのは上の上」
単なる成り上がりではなく、社会に貢献した本物の成功者、
お世話になっている方々と周りの人々の成功と幸せと健康
笑顔になれば、人生が変わる。
気持ちをあらたに生きていこう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

コスト削減

12_3

 毎月購読してます。その中の記事にコスト削減とあります。
中古の機械を使うとか自分で作る。
動線をかんがえた時間のコストを下げたりです。
また、中古の機械をストックしておいて部品とりに使う
ちなみにわきのレシートみたいな紙切れが我家の米の水分ヒストグラフです。
16.3%水分高い。
_2372_2
6日朝、収穫したナガイモです。
ちょっと小さい
植えるのが遅かった。肥料が少なかった。
専用の雨どいみたいのを使ったのでまっすぐできました。
来年は、もっと作ってみよう

| | コメント (60) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

プラネテス4

4
プラテネス4読みました。西暦2078年人類木星に到達、しかし戦争がはじまり 主人公のハチマキはデブリ(宇宙のゴミ)を今以上回収しなければなくなる。それと人類は一方では宇宙船を所有するものと、一方では相変わらず貧困層も多くなる。

最後のページ 愛し合うことだけはどうしてもやめられないんだ
家族愛や兄弟愛のことです。

スポーツの秋いかがお過ごしですか?
今日は、地区民運動会。家内が綱引きにいって、地区内で田茂木部落が優勝したそうです。私は1日遅れですけど家族で墓参りにいってトマトの片付け方や草刈をしてました。いちばん上の息子はサッカーの大会(三回戦)で遠野高校に4対0で負けて帰ってきました。ごくろうさんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

少年の思い出

3_1
プラテネス3を読んでます。ちょっと内容がへんな方にいってる。きたいはずれでした。でも裏表紙の絵、私も少年時代、父に買ってもらったブリキの飛行機を現実の(本物)飛行機と重ね合わせたっけ 宇宙ものの漫画もたくさんあるけどプラテネスは大人むけだとおもう。

4巻では、木星にいくので楽しみだ。

_2263_1
こんなに稲がころんできた。


早く収穫したい

_2265
うろこ雲と独立峰室根山
まだ紅葉始まらず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

植物王国イギリス

Photo_50
1995年9月号の雑誌BRUTUS
PLANT KINGDOM
人工楽園としての温室 19世紀温室文化の象徴キュー・パームハウス
プラントハンターたちがイギリスに持ち帰った熱帯の植物を栽培可能にしたのは、18世紀当時すでに発明されてた温室であった。ガラス製造技術の進歩と鋳鉄柱の利用、それと産業革命によるボイラーの発達
植物学の起源が薬草学にあり、キュー付属ジョドレル研究所ではエイズ特効薬の豆、糖尿病の民間療法に使われるニチ二チソウに抗がん性あることが発見された。
 「本物の花をまねた造花はもうたくさん、いまほしいのは、造花をまねた自然の花」
ランの花のことである。熱帯産の植物に魅せられた。
興味のある方は「キュー植物園」でインターネットで調べてみてください。
 私的に感動した本で蔵書№1にしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

博士の愛した数式

Photo_48
読書の秋にはまだ早いけど本屋さんでまた映画化されたと聞いたので読んでます。
ニュートンは神を解明しようとして微分積分を発見した。天文学は数式や計算式が多くそれをまとめて数学というのかもしれない、ひごろ私も経済数学というか簿記ばっかりだけど生活に数学を取り入れようと思います。読み終わったらDVDで映画みようっと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧