2009年6月23日 (火)

金食い虫と忙しい病

Photo
 トマトの定植がやっと終わりました。600本植えました。先に植えたトマトは実も大きくなりあと2週間ほどで食べれます。現在は病害虫も発生しておりませんが、収穫間近になりますとオンシツコナシラミやアブラムシと葉カビや灰色カビが発生します。病気も害虫も発生しないでほしい!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

忘年会1

1
土・日に山形県酒田市の日本海の見える温泉に行ってきました。日本海は大荒れ吹雪の露天風呂でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

生きていた

_2430
ザリガニあかちゃんが生きていた。
隔離した水槽で2匹確認しました。
警戒心が強くすぐ隠れてしまいます。
養殖計画と増殖計画たてるぞ。


Photo_110
 宇宙農家として感想は、やっと私の考えが採用され月面で農業が出来そうだ。建設候補地がシャクルトン・クレーター??
第6大陸そして火星への有人飛行、SFが現実になろうとしている。ロボットをつれて月に移住しよう!
宇宙船作んないと!、それと退屈なのでTOKIOの「宙船」のカラオケおぼえて歌いながら月にむかいたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

ザリガニのえさ

1_12
えさは充分与えてます。けど、とも食いする。
交尾も人間の様にオスが上になってメスのはさみをつかんで交尾します。(写真おみせできません残念)
えさの袋にとも食いをさけるためには隠れるところを作る。
卵が生まれたらオスをメスの水槽から出す。(どっちがメスなのかは陰部をみないと区別つかない)
娘のいきもの大図鑑によると日本ザリガニが存在する。アメリカザリガニは70年前にやってきた。
2_5
いつもはこのえさを与えています。
沈下性がいい
小粒である。
えさの袋に飼い方が書いてあるのにきずかなかった。
ザリガニがえら呼吸もはじめて知った。
どじょうはえら呼吸ではない。
Photo_100

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

ともぐい

ザリガニが元気いい!
4匹のうち3匹が生き残り1匹を食べてしまった。
そして、なんとグッピーまで食べている。
先日19匹生まれた稚ザリガニも食べている。
5匹の稚ザリガニを別な水槽に移動こちらはなんとか生きている。
ただ淡水えび(2匹)が騒ぎ出していつも喧嘩が絶えない。
稚ザリガニは脱皮を繰り返し大人になろうとしてます。
あの大きいはさみを振りかざしグッピーを威嚇するさまは、凄い!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月31日 (火)

ザリガニ養殖

_2361
先日、ザリガニ生まれたのですが水槽の中では他の親ザリガニに食べられてるようです。
稚ザリガニを5匹、別な水槽へ隔離しました。
児童虐待や自殺が人間界で繰り広げられてますけど、ザリガニ界でも生きていくのは大変です。
ザリガニ養殖して売ろうと考えてましたけど世の中うまくいかない。

昨日、たけしのTVタックルで農政改革を見ました。
食料自給率40%の日本、民主党は地方の重視で参院選挙にのぞむ、そして農協改革、専業農家ほど農協から離れていくとある。私は営農指導員である。現実、農家は和牛とか野菜・果樹の部門に別れ専門的になっている。普及所や農協が指導しなくても自分で勉強している。ただトマトづくりや花にしても部会や仲間づくりが必要であるし国が言うような補助金では農業はよくならない、農産物の価格政策やコスト減を皆で考えるべき。10年前の農業では作れば売れた。今は、売れなければ返品される。農業後継者激減のなかで新たな農業を模索したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

ザリガニあかちゃん

_2354
ザリガニのあかちゃん
19匹生まれました。
ザリガニ成人(おとな)になれるかな?

親の足元にいます2匹。
_2352
ハウスにほうれん草の種とにらの苗植えました。冬場の緑黄色野菜です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

ルリボシカミキリ

Photo_45
 前に撮った写真ですけど、今年は今まで見たことないバッタやカメムシやセミを見ました。
クワガタ(雄)も2匹つかまえました。アブラゼミのなく声を聞くと夏だな~と感じます。
朝夕はすずしくなり収穫の秋もそこまできてます。
 残暑お見舞い申し上げます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)